オリゴ糖の種類


便秘を解消したい便秘解消に効果があるといわれるオリゴ糖ですが、実はこのオリゴ糖にはさまざまな種類があります。オリゴ糖とは、甘味料の名前ではなく、糖類を分類するときに使われる分類名なのです

糖類は、最も単位の小さい単糖と、単糖が数個から数十個つながった少糖、数百個から数千個つながった多糖に分類されます。オリゴ糖は少糖のひとつで、単糖が2個つながったものを総じてそう呼ぶのです。

オリゴ糖と呼ばれる糖類は全部で約20個あり、そのうち食品に使われるのはフラクトオリゴ糖やガラクトオリゴ糖といったものです。最近では大豆オリゴ糖なども目にすることがあります。

大豆オリゴ糖はその名の通り、大豆から取れるオリゴ糖で、他のオリゴ糖よりも少ない量で腸内環境の改善に効果を発揮することができます。フラクトオリゴ糖はショ糖から作られ、こちらも腸内の善玉菌を助ける働きをします。牛乳に含まれるのがガラクトオリゴ糖で、腸内環境改善のほかにタンパク質の消化、吸収を促す働きがあります。

これらのオリゴ糖は、直接大腸にまで届いて腸内環境の改善に役立つといった特徴があります。甘味があるので砂糖の代わりに使われることも多いのですが、低カロリーで虫歯になりにくいため、ヘルシーな甘味料として健康志向の方からも愛用されています。