Category Archives: 未分類

オリゴ糖を摂取する


腸をきれいにオリゴ糖には腸内の善玉菌を活性化させ、腸内環境を安定させる効果があります。便秘に悩む方にとっては、意識して取りたい成分のひとつですが、どのようなものを食べればオリゴ糖を摂取できるのでしょうか。

実はオリゴ糖は、普段私たちが食べている食品の中にもたくさん含まれています。

まずは味噌と醤油です。日ごろ何気なく口にしているこの調味料からは、イソマルトオリゴ糖を取ることができます。また、イソマルトオリゴ糖ははちみつにも含まれているので、トーストにぬったり、砂糖の代わりに使ってみたりするとよいでしょう。

フラクトオリゴ糖は甘未シロップとしてもよく使われていますが、このオリゴ糖はたまねぎやアスパラガスから摂取することが可能です。豊富な食物繊維があることで知られるゴボウにも、フラクトオリゴ糖が含まれているので、これらの野菜を食時に取り入れることでお通じ改善が期待できます。

ガラクトオリゴ糖は牛乳から、最近になって新しく発見されたアラビノオリゴ糖はりんごから、それぞれ取ることができます

またオリゴ糖は、それ単体でもシロップとして売られていることが多いので、調味料として台所に備えておくと便利です。

オリゴ糖の効果的な摂取の仕方は、ビフィズス菌や乳酸菌と一緒に取ることです。ビフィズス菌はヨーグルトに、乳酸菌は漬物や納豆に多く含まれているので、食事の際にうまくバランスをとっていただくように心がけます。

オリゴ糖で便秘解消


オリゴ糖が含まれる食品には、お通じ改善をうたうものが少なくありません。ではいったいオリゴ糖のどのような点が、便秘解消に役立つのでしょう。

便秘にはいろいろな原因が考えられますが、そのうちのひとつに腸内環境の悪化が挙げられます。大腸の調子が悪くなることで排泄が滞り、さらにそのたまった便が腸内環境をより悪くするという悪循環が起きているためと考えられるのです。

よく知られていることですが、人の大腸には善玉菌と悪玉菌がいます。善玉菌の役割は、腸の働きを活性化することです。腸が活発に働き、食べ物の消化と栄養の吸収がスムーズにいけば、排便が滞ることはありません。しかし腸の働きが鈍くなると、とたんに便通がなくなります。

こうした善玉菌の働きを邪魔するのが悪玉菌です。悪玉菌は、乳児のころにはほとんど存在しないのですが、年齢を重ねるにつれ腸の中でその数は増えていきます。もちろん、数が多くなればなるほど善玉菌の働きは弱くなるわけです。

オリゴ糖は、そんな善玉菌のもとに栄養を運ぶ働きをする成分です。ほかの糖類と違い、大腸に届くまで消化がされにくいという特徴があるため、善玉菌までしっかり栄養を届けることができるのです

お通じ改善のカギになる腸内環境は、善玉菌と悪玉菌のバランスによって決まります。オリゴ糖には、腸の働きをより活性化させてくれる善玉菌をサポートする役割があります。

【参照HP】私の便秘は解消しました。

オリゴ糖の種類


便秘を解消したい便秘解消に効果があるといわれるオリゴ糖ですが、実はこのオリゴ糖にはさまざまな種類があります。オリゴ糖とは、甘味料の名前ではなく、糖類を分類するときに使われる分類名なのです

糖類は、最も単位の小さい単糖と、単糖が数個から数十個つながった少糖、数百個から数千個つながった多糖に分類されます。オリゴ糖は少糖のひとつで、単糖が2個つながったものを総じてそう呼ぶのです。

オリゴ糖と呼ばれる糖類は全部で約20個あり、そのうち食品に使われるのはフラクトオリゴ糖やガラクトオリゴ糖といったものです。最近では大豆オリゴ糖なども目にすることがあります。

大豆オリゴ糖はその名の通り、大豆から取れるオリゴ糖で、他のオリゴ糖よりも少ない量で腸内環境の改善に効果を発揮することができます。フラクトオリゴ糖はショ糖から作られ、こちらも腸内の善玉菌を助ける働きをします。牛乳に含まれるのがガラクトオリゴ糖で、腸内環境改善のほかにタンパク質の消化、吸収を促す働きがあります。

これらのオリゴ糖は、直接大腸にまで届いて腸内環境の改善に役立つといった特徴があります。甘味があるので砂糖の代わりに使われることも多いのですが、低カロリーで虫歯になりにくいため、ヘルシーな甘味料として健康志向の方からも愛用されています。

オリゴ糖は便秘に効く


便秘はつらいことでしょう。一般に、お通じが3日ない状態を便秘と呼ぶそうですが、排便がないとお腹は張るし、気持ちは悪いし、いいことはひとつもありません。吹き出物の原因にもなるので、早めに解消したいところです。

そんなときに役に立つのがオリゴ糖です。便秘に悩む方の中には、オリゴ糖入りの食品を試したことがある方も少なくないのではないでしょうか。市販のオリゴ糖製品の中には、さまざまな名称のものがありますが、これらはすべて胃や小腸で消化されにくいという特性を備えています。

実はこの特性が、オリゴ糖が便秘解消に良いとされる理由なのです。大腸にまでしっかり届くオリゴ糖は、腸内環境を整える善玉菌の栄養となり、善玉菌を活性化させる効果があります。便秘解消のため、腸内環境の改善を考える人はぜひ、日々の生活にオリゴ糖を取り入れましょう、

オリゴ糖を取るのは難しいことではありません。オリゴ糖は、味噌や醤油、はちみつにも含まれていますから、食卓にみそ汁を出したり、砂糖をはちみつに変えたりすることで簡単に摂取することができます。また、たまねぎやアスパラガス、ゴボウにもオリゴ糖が含まれています。また、市販のシロップやオリゴ糖食品を利用することで、効率的に摂取することも可能です。

腸内の善玉菌は、年を取るごとに少なくなります。健康的な毎日を送るためにも、善玉菌を活性化させ、便秘解消に努めましょう。このサイトでは、その手助けとなるオリゴ糖について、その種類から働き、摂取の仕方まで詳しく解説しています。